はじめてでもできる畳の表替えのおすすめの方法

住まいに長年住むとメンテナンスが必要になる箇所も出てきてしまいが、見た目をきれいにリフレッシュさせるメンテナンスとして、家の中で古い物を新しくする方法がいくつかありますが、畳の張替えなどもそれにあたります。普段使い慣れて馴染んでいるでしょうが、年数が経つとどうしても薄汚れてきたり、表面が滑らか出なくなってしまうことの多いのが畳です。いくら定期的に、家庭用洗剤などで拭いていたとしても、しつこい汚れだと素材的にも染み込みやすいですし、日光の陽が当たって日焼けしてしまうこともあります。このような時でも、表面を新しくしてみるだけでも、お部屋全体が明るくなったように、見栄えもかなり変わってきますので、お手軽なリフォームとして畳の張替えを希望する方も多いのです。そしてそのような時に施されるのが表替えです。

表替えは古くなった畳を新しくするメンテナンス方法

畳は表面の部分のござ状の畳表と芯材となっている板状の部分、畳表をその床に固定している箇所の縁の帯状の部分の3つから出来ています。ですからそれぞれの部分の劣化に伴って、必要とされるメンテナンスの時期やその方法も微妙に違ってくることも多いのですが、素人目では分かりにくく専門業者にみてもらったりカウンセリングをして、張り替え方法を考えていく場合も多いです。また張り替え作業自体を、入居してから一度もしたことがしたことがないという方も多いですが、枚数が多いと重くて大仕事となってしまいますので、専門の業者に依頼することが多い内容です。張替えるにしてもその方法にも表替え、裏返し、新調といくつかありますし、扱う業者も金額も様々です。新しくする時には作業の総費用が、なるべく予算内に収まるようにいくつかの業者を比較検討して、依頼先を選ぶことは大切なことです。

表替えを上手に利用して畳をリフレッシュする

畳の表替えとは、床の部分はそのままにしておき、い草で作られた畳表の部分だけを新しいものに交換する方法のことです。土台となっている床の部分は交換をしないので、踏み心地もあまり変わらないので、感触までが真新しいというわけにはなりませんが、それでも見た目には綺麗に映えて、生活空間としてはリフレッシュできて気持ちが良いものです。また、裏返しというのは床から一度表を剥がして、表の劣化している面を裏にして、裏にあったまだきれいな面の方を表にする作業のことです。一応、新品のような見た目になることは多いですが、長く使用した物は裏面まで色焼けしている場合もありますので、そういった時には裏返しではなく表替えが適しています。一般的には、7〜8年ほどを経過している畳や一度は裏返しをした物は、表替えをすることが多いです。