はじめてでも失敗しない畳の表替えの方法

長く使用しているとどんなものでも経年劣化による影響が大なり小なりありますが、畳も同じで、畳にも寿命があります。一般的に畳の寿命は10年ほどといわれていますが、より畳を長持ちさせるためには、定期的なメンテナンスが必要で、畳の使用年数や時期などによっては畳の張替えも必要となります。しかし、畳の張替え方法というのは、畳の使用年数や傷み具合等によって表替えがいい場合もあれば裏返しがいい場合もあり、その判断基准は素人では難しいものです。最近では、ホームセンターでも一畳数千円でから購入することができるのでリフォームやDIY等で、自分で張替えを検討する人も増えていますが、畳の張替えを行う場合は注意しなければならない点も多いので、畳の張替えを検討している場合は、一度畳屋さんに診てもらってから検討した方がいいといえるでしょう。

畳の張替え方法には3つの種類があります

そもそも畳の張替え方法には、裏返しと表替え、交換の三種類あります。裏返しは、使用し始めてから3~5年経った畳に対して行う畳の張替え方法です。裏返しは、畳自体を新しい畳に交換するのではなく、日焼け等により畳が変色や、汚れてしまった場合などに畳表を畳床からはがし、変色した面や汚れた面を綺麗な面と交換する方法のことをいいます。また、表替えは使用し始めてから7~8年経過した畳や、すでに裏返しを行っている畳を張替える方法のことで、畳表を新しい畳表と交換することをいいます。しかし、寿命が10年ほどといわれる畳の場合は、所々隙間ができたり、へこんできたりと裏返しや表替えだけでは修復が難しくなってくるため、使用年数が10年を超える畳は新しい畳への交換となるのが一般的となっています。

畳の張替えはプロにおまかせしよう!

業者に依頼すると費用が高くなりそうだから、自分で畳の張替えをしたいという人もいるかもしれませんが、畳の張替えにはある程度の技術が必要となるため、素人では上手く張替えられないことも少なくありません。そのため、畳の張替えを検討している場合は、プロにお願いするのが一番です。近頃は、一年間の無料保証をつけてくれる業者も増えているので、初めての畳の張替えで不安という人でも安心してお願いすることができます。また、畳屋さんであれば畳の裏返しや表替えと一緒に襖の交換もできるので、部屋の模様替えやリフォームを検討しているなら、業者にお願いした方がおすすめといえます。また、畳の張替えを行う上で心配なのが費用面ですが、業者の多くは無料で見積もりを行ってくれるので、業者に畳の張替えを依頼するなら一度見積もりを取ってみると安心です。